読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習のネタ帳

英語が好きな人の英語中心の英会話雑記ブログ。

英文法を覚えるには不可欠な品詞について

英文法を勉強した方がいいか、そうでもないかという議論は棚に置かせていただきますが、英文法を学習するという前提で書くと品詞をしっかりと理解しておかないと途中で混乱します。

文法の学習をはじめてしばらくすると、目的語、修飾する、~を取る、形容詞的用法、副詞的用法、名詞的用法のような言葉が出てくるようになります。

ほとんどの方はそこで混乱しだすと思うので、まずは品詞をしっかりと理解しておくことが文法の理解度を上げるために非常に重要な要素だと気が付き品詞について調べだすことになると思います。

文法用語はなるべく使わずに、英文の組み立てさえ覚えられればそれが一番いいのですが、実は文法用語はある程度覚えたほうが文法を覚えるのが楽になります。

それが面倒だから文法は嫌いなんだという人もいますので強要はしませんが品詞は簡単に覚えられますので、勉強してくことをおすすめします。

ちなみに英文法を覚えずに英会話ができると言っている人は、英文の仕組みを簡略化した文法を使わずに、必要な英文をすべて暗記させようとしているだけなので結局効率が悪い学習方法をさせているのだということを覚えておいてください。

ネイティブスピーカーが文法を意識して言葉を覚えていないというのももっともな話ですのでそれでも話せるようにはなりますが、あなたがネイティブスピーカーと同じ環境下にいることができるかどうかをしっかり吟味した上で学習方法を決めたほうがいいと思います。

24時間ママと英語に触れて、2歳、3歳でやっとあのぐらいの言葉を話せるわけですから日本人が日本でしかも独学で行うことを考えれば時間がかかると言えます。

また、英語と日本語の大きな違いに日本語は主語と動詞がなくても分が成立するのに対し、英語は必ず主語と動詞が必要だという事があります。

これを文章で比較する際にも、主語、動詞、形容詞などの品詞というグループに分けて考えないとなかなか理解ができません。

これをなんとなく、あやふやなまま流してしまうと後々混乱を招くことになりますのでやはり品詞は覚えたほうがいいと思います。

品詞の種類は次回の記事で!!