読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習のネタ帳

英語が好きな人の英語中心の英会話雑記ブログ。

つけ忘れる人続出!!三単現のS

現役の中、高、大学生は忘れないかも知れませんがちょっと気を抜いていると忘れがちなのが三単現のSです。

複数形のSとごちゃ混ぜの人もいたりして・・・・

三単現は三人称、単数、現在形という3つの条件が重なることを指していて、略して三単現です。

3単現と書く人もいますがそのへんはどっちでもOK。

三人称単数現在と略さない人もいますね。

で、これどういうことかというと実はとても簡単な話です。

 

動詞は主語に合わせて変化しなければならない

 

見出しの通りなのですが、英語には主語が三人称、単数、現在形という3つの条件が重なった場合は動詞にsもしくはesが付いた形に変化させなければならないというルールが存在します。

 

3人称・・・私、あなた以外の主語

例えば、物や彼女、彼

 

単数・・・1人、一つ

これはわかりますね。

 

現在・・・文が現在形のとき

 

この3つの条件が重なったら、動詞にsもしくはesをつけて変化させます。

 

He likes baseball.

The cat walks.

 

ちなみに、ch sh o s x で終わる動詞にはesをつけます。

goes 

watches

 

特殊な例

sのつけかたには特殊な例もあります。

 

have は has と変化し

「子音+y」で終わる動詞はyをiに変えてesを付けます。

study ⇒ studies

 

とまあ簡単に説明しましたが、簡単ですのでサクッと覚えちゃいましょう。

 

私とあなた以外の主語のときには単数で現在形でないか一瞬気にしてみてください。

 

動詞にSが必要ないかどうかは癖といいますか、慣れるとsが無いほうが変な感覚ですので、気にしているうちに自然と身につくはずです。