読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習のネタ帳

英語が好きな人の英語中心の英会話雑記ブログ。

英文法は英作文でアウトプット後必ずネイティブに添削してもらう

世の中の英会話教材(英語教材)のほとんどは英文法を覚えることを否定しています。

全てではありませんし、ほとんどなどと書くとまた誤解を生んでしまうかもしれませんが、ネイティブは頭のなかでいちいち文法を意識していないという理屈を突き付けて英語のフレーズをそのまま覚えさせようとしてきます。

それは間違ってはいないと思いますし、英語のフレーズを丸ごと覚えると何も考えずにパッと口から出てきやすいので、私も英文をそのまま覚えるということは実際行っています。

ですが、私の経験から考えると、英語を話したいなら英文法を覚えることは必須です。

細かい内容は書きませんが、第二言語として短い時間で英語を話すためには英語の取扱説明書である英文法を覚えてしまったほうが時間短縮になるからです。

もちろん、フレーズの暗記もしますが、英文法を分かっているのとそうでないのでは記憶力も全く変わったものになります。

という訳で前置きが長くなりましたが、今回は英作文に関してのお話です。

会話というからにはスピーキングが基本なのは変わりませんが、最初のうちは英文法ををしっかりつかって英作文をすると非常に英語力が上がります。

発信力、言いだし力、、、言い方は難しですが、話したいことを頭の中で組み立てる能力です。

ですので、毎日英語で日記を書くことを強くお勧めしているのですが、各題材が無ければ自分の話したいことでもいいですし、架空のお話でもかまいません。

とにかく毎日英作文をするだけで見違えるほど英語力があがります。

ただ、英作文を行ううえでたった1つだけ注意しなければならないことがあります。

それは、必ず英作文をネイティブに添削してもらうということです。

英作文を行ったところで、その英文がネイティブにとって違和感のあるものかどうか、もしくは文法に致命的な欠点がないかどうかを必ず添削してもらいます。

文法は最悪通じれば問題ないのですが、まったく違う意味になってしまったり、ニュアンスが違ったりすると実際の会話では使えませんので、間違った英文を生み出してしまう恐れがあります。

この1点だけ気を付ければあとは毎日英作文を行って、少しでも早く頭の中で組み立てることができるようにするだけです。

ネイティブの添削サービスはたくさんありますが、私は添削専門のネイティブを1人やとって周に1回まとめて添削をしてもらっています。

時給での契約なので月によってはかなりの高額になってしまうこともありますが、それでも全然損をした気分にはなりません。

安さにつられてオンラインの英会話教室を契約してしまうよりは、ネイティブと契約をして英作文を行ったほうが何十倍も有意義ですよ。

検索すれば英語の添削サービスもたくさん出てきますが、一番おすすめなのは、無料版もあるLANGー8(ランゲート)です。

lang-8.com

下手をすると、ネイティブでない人が添削をしてくる可能性もあるのですが、お金をかけたくないとという方には一番いいと思います。

有料コースを使ったことがないので、あまり偉そうに書けないのですが、無料だと添削をしてもらうのに少し時間がかかるときもあります。

 

本気のかたはこういうサービスを探してみて

ワールド外語学院概要|中国語教室・韓国語教室・タイ語・英語(東京・千葉・埼玉)のワールド外語学院|北千住・赤羽・船橋・上野

 

こちらの日記添削コースは月額 ¥7,560で添削してくれます。

入学金はかかりますがガチで勉強するならこのぐらいの出費は必要経費です。

 もっと安くていいとこあるかもしれませんので、ここをそのまま契約するのではなくご自分でもGoogleで検索してみてください。

 

自分のぺースでやりたいという人は瞬間英作文という本がおすすめです。

f:id:kimi9:20170424100742j:plain

 

ネイティブが書いたかどうかは知りませんが、答えが載っていますので自分のぺースで英作文ができます。

ただし、英文は選べません。

 

オンライン英会話を真剣にやってるのに、英語力が飲み悩んでいる人は英作文をやってみてください。